起業したての方は、経理といっても何から始めいていいかかわからない、何が必要なのかがわからないかと思います。

今回は経理初心者が初めに何を準備すればよいか、何から始めればよいかをご紹介させていただきたいと思います。

1.初めに用意するもの

①電卓
計算が不可欠のため電卓を購入しましょう。
その際に注意したいのは、なるべく桁数が12桁のものが望ましいかと思います。
それ以外は使いやすい電卓を使用するのが良いです。
私が使用している電卓は、12桁の中心に数字が並んでいるものです。

②ファイル
お仕事をしていると請求書であったり、領収書を保存するということが二の次三の次になってしまいがちになります。
経理業務は資料整理が命になるので、書類を保存しておくためのファイルを準備することが望ましいです。
売上の領収書を保存するファイル、仕入れの請求書を保存しておくためのファイル、現金で支払った雑多な消耗品、光熱費などのレシートを保存しておくためのファイル、クレジットカードで支払ったレシートやクレジットカード明細を保存しておくファイル、給与関係の書類を保存しておくためのファイル、契約書や会社の定款などを保存しておくファイルがあれば良いかと思います。

2.毎日の習慣

①書類の整理
経理業務は毎日処理することが基本となりますので、本業がお忙しい方も、少しでも時間をさいて書類の整理を行うのが望ましいです。
日々の業務としては、レシートを日付ごとに整理して紙にのりで貼り付けておくと、後で過去をさかのぼるときに見やすくなります。
また、この習慣をつけることによって、何にどれだけ使用したのかが感覚的にわかるようになってきます。
もし知識があり可能であれば、会計ソフトでの仕訳の入力をお勧めいたします。

②売上と仕入の金額を把握する
仕入れた商品、材料の金額を把握するようにして、商品、材料を売る金額を決めましょう。
どんぶり勘定で進めてしまうと、いつのまにか売上金額より仕入金額が上回ってしまうことがございます。

③現金、預金の流れを意識する
売上があったときはその売上の入金がいつになるか、仕入をしたときはいつまでに支払わなければいけないのかを把握しいておかなければ売上がたくさんあったにもかかわらず、入金がなくいざ仕入れの支払期限がきたときに支払えなくなってしまう危険性がございます。

3.終わりに

いかがだったでしょうか。
初めて事業を行う方も、最低限は上記のものを準備しておくことが望ましいかと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事